カテゴリ:蔵元情報( 22 )

毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』第21回:『貴生娘(きぶむすめ)』滋賀酒造さん


822日付、毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』より。

20回は『貴生娘(きぶむすめ)』蔵元、滋賀酒造(甲賀市水口町)さんです。


豊かな地下水に恵まれたお蔵は、日本酒の他に米焼酎や地ビールも醸造。ビアレストランまで手掛ける多角経営蔵。


同時掲載『あひるの酒MEMO』。家鴨あひるさんのイチ押しは、「貴生娘」純米にごり。とろりとした口当たりとあっさりした甘酸っぱさはお刺身やローストビーフとベストマッチ。


電子版はこちらから

http://mainichi.jp/articles/20160822/ddl/k25/040/300000c

a0309506_13142495.jpg

[PR]
by shiga-zizake | 2016-08-29 17:08 | 蔵元情報

毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』第20回:『松の花』川島酒造株式会社

8月1日付、毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』

第20回は『松の花』蔵元、川島酒造(高島市新旭町)さんです。

平成の名水百選にも選定された清冽な湧水に恵まれ、「かばた」という独特の施設を利用している針江地区にある蔵元さんです。

同時掲載『あひるの酒MEMO』。家鴨あひるさんのイチ押しは松の花大吟醸「藤樹」。ハレの日にふさわしいスペシャルなお酒です。

電子版はこちらより(バックナンバーも読めます)

a0309506_19405600.jpg

[PR]
by shiga-zizake | 2016-08-12 19:44 | 蔵元情報

毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』第19回:『薄桜(うすざくら)』増本藤兵衛酒造場さん

7月18日付、毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』に掲載されました。


第19回は『薄桜(うすざくら)』蔵元、増本藤兵衛酒造場(東近江市神郷町)さんです。


この酒蔵で約40造りを経験した能登杜氏、坂頭宝一さんについて酒造りを学び、2013酒造年度から蔵元杜氏として、「薄桜」と「近江藤兵衛」を醸しておられます。

同時掲載『あひるの酒MEMO』。家鴨あひるさんのイチ押しは「薄桜」純米吟醸 生原酒。本年デビューの生酒です。

電子版での同記事はこちらから

a0309506_13051948.jpg



[PR]
by shiga-zizake | 2016-07-27 13:08 | 蔵元情報

毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』第18回:『浪乃音(なみのおと)』 浪乃音酒造さん

6月27日付、毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』掲載。

第18回は『浪乃音(なみのおと)』蔵元、浪乃音酒造(大津市堅田)さんです。堅田の浮御堂のすぐそばにある酒蔵で、中井家の三兄弟が醸す地酒。

同時掲載『あひるの酒MEMO』。家鴨あひるさんのイチ押しは「浪乃音」純米大吟醸 渡船生。軽快な香りにして、味わいがしっかりした味わいは「ビワマス」や「鰻の蒲焼」に抜群の相性。
a0309506_07575758.jpg

[PR]
by shiga-zizake | 2016-07-05 08:00 | 蔵元情報

毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』第16回:『北国街道』 山路酒造さん

5月23日付、毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』掲載されました。第16回は『北国街道』蔵元、山路酒造(木之本町)さんです。

創業1532年。全国5番目に古い酒蔵に嫁いだ、酒蔵女将の「細うで繁盛記」をぜひご一読ください。

女将のブログはこちら
http://blog.zige.jp/yuko1933/


同時掲載『あひるの酒MEMO』。家鴨あひるさんのイチ押しは「北国街道」純米吟醸 。女将の同級生が栽培した酒米で仕込んだ「癒し系」のお酒です。

a0309506_08312729.jpg



[PR]
by shiga-zizake | 2016-05-29 08:26 | 蔵元情報

毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』第15回:『忍者 ninja』 瀬古酒造さん



59日付、毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』掲載されました。


15回は『忍者(ninja)』蔵元、瀬古酒造(甲賀町)さんです。現社長の上野さんは広告関連のお仕事から酒蔵に入った異色の経歴の持ち主で、醸造責任者も兼ねておられます。


同時掲載『あひるの酒MEMO』。家鴨あひるさんのイチ押しは「忍者 ninja」純米吟醸 無濾過 生原酒。

キレのある酸味がロゴと手裏剣をあしらったラベルとあいまってクール!

a0309506_11365590.jpg

[PR]
by shiga-zizake | 2016-05-11 11:39 | 蔵元情報

毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』第14回:『鈴正宗』矢尾酒造さん

425日付、毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』掲載されました。


14回は『鈴正宗』蔵元、矢尾酒造(日野町)さんです。


20代はスノーボードにのめりこみ、クラブDJもやっていたという異色の経歴を持つ七代目が、

いま、滋賀酒造業界のルーキーとして人気赤マル急上昇中です。


同時掲載『あひるの酒MEMO』。家鴨あひるさんのイチ押しは鈴正宗大吟醸「Bell」。

「見た目やんちゃな軟派だと思ったら、実力のある硬派だった。」は蓋し名言。

a0309506_07522770.jpg




[PR]
by shiga-zizake | 2016-05-02 07:56 | 蔵元情報

毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』 第13回:『金亀』 岡村本家さん

4月4日付、毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』掲載されました。

第13回は『金亀』蔵元、岡村本家(豊郷町)さんです。

桶売りを廃止して蔵を整備。旨味を生かした酒造りが基本。蔵への見学を積極的に受け入れ、消費者に直結した経営が持ち味です。

同時掲載『あひるの酒MEMO』。家鴨あひるさんのイチ押しは
江戸時代の酒造りを再現しつつ、キリッとした酸を利かせた「長寿金亀」白80 生原酒 濃醇旨口

a0309506_08472202.jpg

[PR]
by shiga-zizake | 2016-04-13 08:49 | 蔵元情報

毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』 第9回:『一博』中澤酒造さん

12月28日付、毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』掲載されました。

9回、今年のトリを務めるのは『一博』蔵元、中澤酒造(東近江市五個荘町)さんです。


15
年ぶりに復活なった蔵での新酒第一号。蔵元杜氏、中沢一洋さんの感慨やいかに。
人気赤マル急上昇中のお蔵です。「一博」のこれからに目が離せません。


同時掲載『あひるの酒
MEMO』。家鴨あひるさんのイチ押しは
「一博」純米吟醸うすにごり生酒。


畑酒造さんで造った最後の年のお酒。笑顔が素敵な一洋さんのような甘い味わいですが、後切れがすばらしい。
自分の蔵で造った今年の新酒とぜひご比較を。


a0309506_20320871.jpg


[PR]
by shiga-zizake | 2015-12-29 20:41 | 蔵元情報

毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』 第8回:『三連星・美冨久』美冨久酒造さん

12月7日付、毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』掲載されました。

第8回は『三連星』『美冨久』蔵元、美冨久酒造(甲賀市水口町)さんです。

一般の地酒ファンのブラインドテイスティングによる投票で最高点「県知事賞」に選定された「三連星」。コンセプトは日本酒初心者のための「入口の酒」。
若き4代目蔵元、杜氏、蔵人が中心となって醸す、人気赤マル急上昇中のお蔵です。

同時掲載『あひるの酒MEMO』。家鴨あひるさんのイチ押しは
「純米吟醸 クラシックミフク」。
蔵元の店頭でしか買えない限定酒です。
a0309506_04290758.jpg


[PR]
by shiga-zizake | 2015-12-10 04:33 | 蔵元情報


滋賀県酒造組合の最新情報をお届けします。


by 滋賀県酒造組合 ほろよい広報部

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
滋賀地酒の祭典
滋賀きき酒王決定戦
滋賀酒ニュース
蔵元情報

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

その他のジャンル

最新の記事

毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り..
at 2017-04-19 08:49
第100回「知酒聞酒の会」 ..
at 2017-03-21 08:59
毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り..
at 2017-03-15 11:48
毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り..
at 2017-03-08 18:25
毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り..
at 2017-02-22 18:11

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
広報